旭山動物園 ほっきょくぐま館

ホッキョクグマ

ほっきょくぐま館

2002年9月にオープン。

ホッキョクグマ コユキ

旭山動物園の目玉スポットともいえる、ほっきょくぐま館です。しほっきょくぐま館は、もうじゅう館に並んで大きな建物です。度肝を抜く迫力満点の水中ダイビングや、あざらしの気持ちになるのぞきカプセルなど、その巨大さを目の前で体感してください。



ほっきょくぐま館 イワン・ルル側

イワンとサツキ

ホッキョクグマのイワン

ほっきょくぐま館の館内は、水中ダイビングプールのあるイワン側に当たります。こちらがもぐもぐタイムの行われる場所になります。イワン側では、繁殖のためにペアリングが行われます。

その時により、メスの3頭が交代で繁殖に当たるようです。

ほっきょくぐま館館内入口の左手には、ほっきょくぐま館のプールがガラス越しに見ることができます。
館内に入らずにも、イワンと新しいペアのサツキの水中ダイビングを見ることができますので、こちらもご参考に。


ほっきょくぐま館 サツキ・ピリカ側

ほっきょくぐま館を出ると館内の外に出ることになります。出口を左手に進みますと、外でホッキョクグマのサツキとピリカが展示されています。


日本最高齢のホッキョクグマだったコユキ

日本最高齢だったホッキョクグマのコユキ。旭山動物園のホッキョクグマの中でも、野生で誕生したホッキョクグマでした。その威風堂々した姿は、今まで訪れた皆さんの記憶に残っていることでしょう。

ホッキョクグマ

コユキについて
旭山動物園のホッキョクグマで唯一、野生で誕生したホッキョクグマのコユキでした。年齢はすでに人間で換算しますと、70歳を越える高齢者。

年齢からは想像も出来ないほど、美しいホッキョクグマだったのです。

2010年7月24日に死亡


繁殖のためのペアリング

現在ホッキョクグマの繁殖のためペアリングが、イワン側で行われています。オスはイワンだけですので、メスの「ルル」「サツキ」「ピリカ」が交代で繁殖に力を注ぎます。

アザラシの気持ちを体感できるシールズアイは、こちらに設置されています。ホッキョクグマの大きさを目の当たりにすることができます。


シールズアイ のぞきカプセル

館内にはホッキョクグマのはく製など、ホッキョクグマについての展示が行われています。

そこから階段を上った所に、シールズアイと呼ばれるのぞきカプセルが設置されています。

シールズアイ

大人用と子供用があり、ホッキョクグマのいる足もとにドーム型カプセルが設置され、カプセルからホッキョクグマを観察することができます。

シールズアイは、アザラシが氷の穴から顔を出すイメージで作られました。

現在、ホッキョクグマのコユキとルルの2頭を展示していますが、ホッキョクグマがそばにいないと、カプセルからのぞいても見られないこともあります。

目の前で見ることができた方は、チョッとラッキーかもしれません。


ほっきょくぐま館内

ほっきょくぐま館 あざらし館側入り口
ほっきょくぐま館 入り口
ほっきょくぐま館 館内
ほっきょくぐま館 後方見学席
ほっきょくぐま館 出口

ほっきょくぐま館は、あざらし館のとなりにある施設。あざらし館ZooShopから入館できます。

館内は一方通行ですので、一度入館すれば2Fの出口まで出ることができません。

ほっきょくぐま館に入ると前面はガラスに越しにプールが現れます。

大人がちょうど立つと頭が出るくらいに設計され、ほっきょくぐまがダイビングをするように作られました。

この場所から館内をぐるりと移動すると、再びプール前に出ます。こちらが、2段目の見学スペースで近くでなくても全体を見渡せるのでお勧めです。

ほっきょくぐま館館内では、ホッキョクグマについての展示も行われています。

ホッキョクグマについての展示

はく製や骨格など、以前からいた旭山動物園のホッキョクグマの家系図も紹介されています。

現在飼育されている、イワン、ルル、コユキなどについて知ることができます。


もぐもぐタイム

ホッキョクグマ館でのもぐもぐタイムは、一日2回行われます。

この時には、豪快に水中ダイビングするホッキョクグマを体感することができます。

ホッキョクグマのダイビング

ほっきょくぐま館の屋上から餌が投げられ、イワン、ルルがダイビングします。

館内から見るためには、もぐもぐタイムの始まる前に2列に並んで待つと良いでしょう。
かなりの人気のイベントになりますので、10分~15分程度は待つことになります。

ほっきょくぐま館の2Fや出口の右手からも見ることができます。

館内で見学されない方は、2Fの鉄柵越しに見ると良いでしょう。


ホッキョクグマの大きさを体感!

ホッキョクグマは大きいもので、体長3mになる世界最大の肉食獣です。

世界最大の肉食獣ホッキョクグマ

プールのガラス越しにホッキョクグマをみると、その大きさに大変驚くことになります。

館内入口の左手の大きなガラスや、館内のガラス越しにほっきょくぐまと向き合ってください。


ホッキョクグマについて

体長3メートルにもなるホッキョクグマは、年中白色かちょっと黄色みがかった色をしています。ひぐまと違い、冬眠することはありません。野生のホッキョクグマは、ほとんどが単独で生活をしています。

旭山動物園では、オスのイワンとメスのサツキを同居させ、ペアリングによりホッキョクグマの赤ちゃんの誕生を待ち望んでおります。

新たな試みで始まったホッキョクグマ繁殖プロジェクト。その成果に期待が掛ります。


仲の良い旭山動物園のホッキョクグマ

添い寝するホッキョクグマ

旭山動物園のペアは仲がとてもいいです。

寄り添うように、一緒に昼寝をする様子が見られました。

ほっきょくぐま館への入館について

ほっきょくぐま館館内には、あざらし館側からの入館となり、混みあう時は2列に並びます。(主にもぐもぐタイム)

館内に入るとすぐにプールが見えてきます。さらに進むと、ガラス張りのプールに飲み込まれます。丁度大人の目線の高さに水面が来るように作られ、ホッキョクグマが人間をアザラシと勘違いして飛び込む様に設計されています。

館内のガラスパネルは5枚あり、手前は車椅子専用になっていますので、ガラスの2枚目から見られると良いでしょう。


旭山動物園のホッキョクグマ豆知識

円山動物園ツインズ ララと2頭の子供たち

旭山動物園にいるホッキョクグマの「ルル」と、札幌円山動物園にいる「ララ」とは双子の姉妹の関係になります。

円山動物園のララは、ルルのお姉さんになります。


今日の旭山動物園のイベントは


スポンサードリンク


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional