旭山動物園 ちんぱんじー館

チンパンジー

チンパンジーの森



2006年8月オープン。

14枚のスケッチの一つ、チンパンジーの森がオープンしました。以前の飼育されていた檻の中とは違い、自由でのびのびと生活できる空間となりました。

広い庭を歩くその姿は人類の祖先を見ているようで、一瞬タイムスリップをしたような不思議な気持ちになります。


チンパンジーとちんぱんじー館

我々人類に近い動物であるチンパンジーは、群れを作る動物。その小さな社会形成の中には、中心となるボスが存在し、現在2つの群れが旭山動物園には存在しています。

チンパンジー館では、2つの群れがそれぞれ独立するように工夫をして、交互に展示しているようです。


チンパンジーの森外観

巨大なジャングルジムのような造りをしていて、私たちはスカイブリッジと呼ばれる、空中トンネルを渡っていきます。

チンパンジーたちは外を自由に行動し、中を歩く私たち人間を観察に来ているようです。

見ているより見られているという感覚が正しいのかもしれませんね。


スカイブリッジ(天空トンネル)

ちんぱんじー館の特徴は、空中に設けられたトンネル「スカイブリッジ」があります。チンパンジーたちは、外からこのトンネルの上に来たりして私たちに近づいてきます。

手足の様子やコブのようなお尻まで、じっくり観察してみましょう。

床にも窓が付いていて、下ではチンパンジーたちの地上の様子を上から眺めることになります。

子育ての様子など目の前でチンパンジーたちを観察することができます。


チンパンジーの森館内

チンパンジーの森館内には、絵本作家あべ弘士さんの大きな壁画が私たちを出迎えてくれます。

前ガラス張りの館内には、チンパンジーたちが生活する様子をよーく見てとれます。

以前のボスだったキーボは、息子のシンバにボスの座を奪われましたが、現在は群れを2分化することで争いは無くなっております。


チンパンジーの世界観 世代交代

現在のボスはシンバ。タケルとシンバとは兄弟です。父親は、以前のボスだったキーボ。

なんとお父さんのキーボは、息子シンバにボスの座をうばわれました。常に力のあるものがボスの座に就く。こうして自然界では種を守り抜いてきたのでしょう。

詳しくは、チンパンジーの森で♪


ボス 「キーボ」

こちらは、ボスのキーボ。
少し年を取りましたが、眼力は未だに顕在。

私たちには何一つ興味を示しませんが、飼育員の方には向こうから挨拶に来ています。

その様子に出会えたら、チョットだけラッキー!です。

飼育員にあいさつに来るキーボ


モンキーマジック(冬の展示)

チンパンジーの森では、冬の期間は屋内展示に限定されます。
旭山動物園には二頭のボスとそれぞれの群れがありますので、キーボの群れとシンバの群れに分けて展示されます。

こちらはキーボの群れのキーボの子供です。

屋内で遊ぶチンパンジーの子供


子育てチロの話 親子の深い絆

チンパンジーの子供、タケルが生まれた頃のお話です。

タケルのお母さんのチロは、今まで10回も子供をもうけましたが、一度も子育てをしたことがなかったそうです。その訳は、昔チロには子供にまつわる悲しい出来事があったからだそうです。

飼育員の方はそうしたチロを思い、その子にいつか自分の子供につけようとしていた名前『タケル』とつけたそうです。

子供はかわいいんだよと必死の関わりを持ち、ついにチロが育児に目覚めました。

それからチロは、わが子をいつも抱いて離しません。見に来られたすべての方が、母と子の絆を人間と同じくとっても愛しいと感じることでしょう。


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional